Ojisanが哲学する

代官山在住のojisanが、人間や社会について偉そうに論じています。京都大学法学部在学中に大手予備校で予備校講師をしていましたから、教育に興味があります。

このアカウント閉鎖します。

このアカウントは閉鎖します。 新しいアカウントで再開する場合はお教えしますので、もしよければラインアカウントでご連絡ください。 youdan2125 です。 katoです。 佐藤さん、榎本さん、糸井さん、寺田さんなどすでに私のラインを知っている方は特に新たに…

炎上の条件

ネット上で様々な記事が「炎上」しますが、「炎上」するには大きく分けて3つの条件があると思っています。 ・定量的な基準 ・自分がどっちサイドか明確になるもの ・社会が重要視している価値 これが「炎上」の「燃料」です。 「炎上」の前提として、ブログ…

ジコチュー

「人間は例外なくジコチュー」だと私は思っていますが、それを痛感するのは以下のような「お世話にはなっても自分は嫌」なケースです。 自分は無料のエロ動画でシコっていて、AV女優にお世話になっていても、自分の妻や彼女がAV女優なんて嫌なわけですよ。 …

ジコチュー

「人間は例外なくジコチュー」だと私は思っていますが、それを痛感するのは以下のような「お世話にはなっても自分は嫌」なケースです。 自分は無料のエロ動画でシコっていて、AV女優にお世話になっていても、自分の妻や彼女がAV女優なんて嫌なわけですよ。 …

人権思想の嘘

政治学や憲法の勉強をしていると、「人権」や「平等」というタームがよく出てきます。 「人間は個人として尊重される」。 「人は人として生まれた瞬間に人権を持つ」。 スローガンとしてはなんとなくかっこいいですし、あまり他の分野の読書体験がなく政治学…

人権思想の嘘

政治学や憲法の勉強をしていると、「人権」や「平等」というタームがよく出てきます。 「人間は個人として尊重される」。 「人は人として生まれた瞬間に人権を持つ」。 スローガンとしてはなんとなくかっこいいですし、あまり他の分野の読書体験がなく政治学…

ゲームのルール

生物レベルで考えたときに、40億年間途切れることなく遺伝子の伝達がなされて、今私たちが生きてること自体奇跡的なことです。 世界中には70億人の人がいて、日本には約1億人の人がいます。 その中で、相対的に「優れている」と評価を受けている人は残念なが…

婚活女子と日本経済

アラサーの婚活女子の記事などをネットなどでよく拝見しますが、「理想が高すぎる」などとコメントで揶揄されています。 しかし、今の20代から30代位の婚活女子に私は少し同情してしまう面があります。 「年収800万円以上」とか、たしかに彼女たちの要望は男…

サッカーの入れ替え戦

興味がある人はあまりいないかもしれませんが、先日Jリーグの入れ替え戦がありました。 「入れ替え戦」とは1部リーグのビリと2部リーグのトップが入れ替わる仕組みです。 社会人リーグでも大学サッカーでも複数のセクションがあるリーグではほぼ確実に入れ替…

コスパがいい学歴

「特に突出した能力がない子供」に幸せになってほしいと願う親が子供をそれなりの学校に行かせたい、と思うのは至極当たり前のことです。 もちろん、 AIなどによって「ゲームのルール」は変わる可能性もありますが、「頭がいいことの価値」が向こう100年以内…

見下したい心理

このブログで私は何度も「人間心理の闇」について論じてきていますが、幸か不幸か、人間の心というのは常に美しいものではありません。(「美しい」の定義にもよりますが) あまり正面から認められるものではありませんけど、やはり我々は多かれ少なかれ他者…

男女はなぜすれ違うか

男と女は常にすれ違います。 「察してちょうだい」「そんなの無理ゲーだ」 「そんなにずっとおしゃべりしていて楽しいのかね?」「なんでそれがわからないの?」etc いろいろなすれ違いがありますが、男女の一番のすれ違いは、男はセックスを求め、女は愛情…

過剰に反応する時点で負けている

何かにたいして過剰に反応する人がいます。 結婚や子供ネタに過剰に反応する女性。 お金や地位ネタに過剰に反応する男性。 特に、特定の対象にたいして「そんなの関係ない」などと過剰に歯向かう方はネット上でも実世界でもいらっしゃいますが、反応している…

社会はゼロサムゲーム

今日、ビルゲイツの慈善活動の動画を見ました。 たしかに活動自体は素晴らしいのですが、ひねくれ者の私はどうしても不思議な気分になります。 というのも、ビルゲイツの資産をアフリカの貧民に配れば問題は解決するのでしょうか? たまに夢想するのですが、…

教育論はなぜ難しいか2

4つほどの前のポストで教育論が難しい理由について長々と論じさせていただきました。 このポストでは教育論の難しさの2つ目の論点についてお話をしていきたいと思います。 教育に限らず文系の学問全般に言える事かもしれませんが、教育における「原因」と「…

受験の必勝法

どうしたら成績が上がるのか? 子供を持つ親の素朴な疑問でしょう。 非常にシンプルでちょっと考えたらわかる話ですが、成績を上げるためのゴールデンルールは、 さっさと授業を卒業して、ひたすら自分で問題を解いて自分で暗記することです。 小中高の教育…

なくなる仕事

最近では、「人工知能によりなくなる仕事」の特集がしばしばなされています。 しかし、どれだけ仕事がなくなるといっても、世の中から仕事がなくなる事はありません。 「我々の子孫は週の労働時間が15時間になる」というケインズの有名な予言がありますが、…

なぜ受験教育ネタが多いのか

私の投稿をフォローしていただいている奇特な方なら一瞬で気づきますが、私は受験や教育のネタをぶっこむ人です。 なんで私が受験勉強のネタを頻繁に投下するのかと言えば、単純に興味があるからと言ってしまったらそれまでですが、私にとって受験勉強の話は…

教育論はなぜ難しいか1

さきほどのくだらないネタに比べたらかなり真面目な話ですが。 このブログを見ていらっしゃる方にも、子育てをしてる親御さんが多いと思いますが、子育てに関する「どっちがいい」系の議論は非常に難しい。 小学校受験か中学受験かそもそも公立か私立か塾に…

どの入試方式で入ったか

昨日の藤沢かずきの話の続きですが。 日本は大学入学以降の評価基準が事実上存在していないので、入学試験が非常に大切だという話をしました。 ほんとの「そもそも論」を言えば、大学入学以降の学習や社会人になってからの伸びの方が大切ですが、現実にはそ…

よく思われたい

最近ちょっとイラっとしたことがあったんですが、まぁその原因になった人間を仮に鈴木太郎としましょう。 鈴木は、自己顕示欲や承認欲求が非常に強く、「いい人に思われたい」という欲望が人一倍強い人です。 自己顕示欲があったり「いい人に思われたい」こ…

コメント欄に

どんどんコメントしてください。 諸般の事情によりTwitterのアカウントがブロックされてる人がいると思いますが、もうアカウント自体が停止されるので。 特に嫌ってブロックしてるわけではないので気にしないでください。

藤沢和希の教育論

私と兄弟のように言っていることが似ていると友人にからかわれる藤沢和希ですが、藤沢さんのおっしゃる通り、日本社会における大学入試の位置付けというのはなかなか重いものです。 高校2年生まで怠けていても、1年間死ぬ気でやって大学入試(学部入試)を突…

政治が無力化する時代

選挙の時から何度か話してるネタですが、私は日々の政治にはあまり興味がない人間です。 マクロな政治の流れには興味がありますが、毎日細かく新聞の政治欄を読むような事はほとんどありません。 その理由は、ここ20年ぐらいに顕著な傾向ですが、経済のグロ…

社会常識

世の中には「常識に囚われるな」という常識があります。笑 「そんなのは社会の常識ってだけ。みんなが言ってるから正しいとは限らないよ」、「常識から自由になれよ」としたり顔で語りたがる人は世の中にたくさんいます。 実際私もそのような趣旨の発言をす…

国立受験

ひとつ前の投稿で、同志社大学について論じてきましたが、よくよく考えてみると大前提の話が抜けていたような気もします。 予備校業界で働いていた人間から見ると、国立大学が一校しか受験できないというのはもはや当たり前の前提ですが、この前提がよくわか…

同志社大を擁護したい

結構くだらない受験の話ですけど。(とあらかじめ断っておきますから、いつものような思想哲学的な深い話ではない、と予期して読んで下さい。笑) ちょっと前、首都圏出身の友人に「俺、関西の私立大学ってよくわかんないけど、同志社?って要は東京のマーチ…

入試現代文のススメ

あまり学生時代に勉強してこなかったけど社会人になってからどうしても学びの必要性に気づいた人やお子さんの教育をされている方にオススメの話です。 ほんとに極論を言ってしまうと、小中高の勉強で本当にやらなければならないのは現代文だけです。 英語も…

なぜ年収1000万円で不幸なのか

「年収1000万円」というのは富裕層のラインとしてしばしば用いられる基準です。 しかし、私は、小学生位から勉強して、いい学校、いい会社、というコースを歩み、年収1000万円くらいをさまよってる人間がどうやっても幸せそうに見えません。(「見えない」だ…

セックスの男女非対称について

これは主に男性の読者の方に半分同意を求めた叫びですが。 セックスというのは言うまでもなく男女の共同作業です。 しかし、なぜか「うまい」だの「小さい」だの「速い」だの「評価される」のは男性サイドなわけです。 この怒りに関しては男性諸氏は同意して…