Ojisanが哲学する

哲学大好きなojisanが偉そうに人間や社会を語ります

電気紙芝居

我々は何かを考えるときに、どうしても「現在の常識」で考えてしまいます。

例えば、Youtuber あたりを「まともな社会人」ではないと考えてる人もおそらく上の世代には多いでしょう。

ヒカルのように年収3億稼ごうが、「そんな仕事認めない」と内心思っているオジサマは多いと思います。

しかし、こういった人は典型的な「現在の常識でしか考えられない人」です。

昔々、テレビの黎明期に「電気紙芝居」とテレビを揶揄する言葉がありました。

当時は、「まさかテレビなる電気紙芝居が映画を超える事はないだろう。テレビ局で働いてる人間なんてロクな社会人じゃない」と考えてる人がたくさんいました。

しかし、60年経ち、テレビが映画を(少なくとも視聴者という点では)はるかに超えてしまったのは言うまでもないでしょう。(数だけが全てではないので、完全に「超えた」と言えるかどうかは別として、少なくともテレビを馬鹿にする人はいないでしょう)

それに伴い、テレビ朝日日本テレビといった有名テレビ局に勤務している人の社会的地位は飛躍的に高まり、医者や弁護士あたりとも遜色のない社会的地位がもはや彼らにはあります。

私がここで何が言いたいのかと言うと、映画とテレビの関係とテレビとYouTubeの関係も同じようになる可能性も十分ある、ということです。

電気紙芝居」と揶揄されていたテレビが普遍的な地位を獲得したように、YouTubeが今後メディアのスタンダードになる可能性があるということが言いたいわけです。

そして私が「言いたいこと」は、実はYouTube電気紙芝居の話ではなく、もっと抽象化して言えば、

現在評価されている常識は、30年後40年後の常識ではないということです。

だいたい、東京だって500年前には片田舎でした。

アメリカも500年前には存在すらしていなかった。

このように、社会の評価などは常に恣意的です。

60年前、有名な俳優は「この俺様が電気紙芝居なんかに出るわけがないだろう」とテレビのことを笑っていましたが、現在のテレビの地位を考えると逆に私たちが彼らのことを笑ってしまいます。

それぐらいわれわれは常識に縛られているのです。

我々が今良いと思っているものが30年後に良い保証はありません。

ヘーゲルという哲学者が、

「われわれが歴史から学んだのは、われわれは歴史から学ばないということだ」

と有名な言葉を残していますが、今良いと思っているものが未来に良い保証はありません。

特に小さい子供を育てようとしている方に関しては、このことはいくら強調しても強調しすぎる事はないでしょう。

なぜならば、いまの子供がバリバリ社会で働くであろう40年後の世界は誰にも予想できない世界だからです。

「大企業に入れば良いだろう」、「偏差値が高い大学に行けばいいだろう」と盲目的に考えているようでは、30年後40年後後悔することになるでしょう。(ただ、だからといって「大企業に入る意味がない」などと言ってるわけではないので、念のため。「絶対視するなよ」という意味ですから。)

電気紙芝居」の話は、未来を考える上で非常に示唆的です。