Ojisanが哲学する

哲学大好きなojisanが偉そうに人間や社会を語ります

アドバイスという名の自己満足

お久しぶりです。

誰もが認めたくない人間のいやらしい感情について分析して、グフグフとほくそ笑むことを日課としています(気持ち悪い)おじさんです。

こんにちは。

世の中には様々なアドバイスやアドバイス本があります。

しかし、よくよく考えてみると、アドバイスって結局アドバイスをする人間が優越感を感じるためのものでしかありません。

(誰もが認めたくない「不都合な真実」)

わたしが死ぬほど嫌いな言葉が

「お前のことを思って言ってるんだ」というやつです。

親が子供に言うならわかります。

しかし、いい大人が他人に対して「本当に良くなって欲しい」などと思うことがありえるのでしょうか?

そこまで良くなってほしいのなら、「じゃあ俺のために100万円くれよ」、「そのアドバイスに従って失敗したら責任とってお金払ってくれるの?」と言われてお金を素直に渡すのでしょうか?

どうせそこまで他人のことを想っているはずはないのです。

あくまで自分は痛まない前提で優越感を感じたいだけなのです。

私は、他人はあくまで他人だと思っています。

残念ながら家族ではないのです。

ですから、あまり無責任に人生相談や他人へのアドバイスなどしたくありません。

また、仮にするなら「自分がいい気分になりないから」という薄汚ない欲望を持っていることは重々自覚しています。

赤の他人がどうなろうが本当はどうでもいいはずなのです。

そんなに赤の他人を助けたいならユニセフに収入の半分ぐらいは募金したら良いのではないでしょうか?

それをせずに目の前の人間を助けたいのは自分のエゴでしかありません。

自分が気持ちよくなりたいから人助けをしたいのです。

私は人助けをしたい人や人にアドバイスをするような人にはまずこういった醜い人間心理を自覚して欲しい。

そして、「まぁ結果的に人の役に立ってるからいいか」と考えるのが「正しい思考回路」です。

私のこのブログもまずは「鋭いことを言って私が気持ちよくなりたい」という欲望がモチーフにあります。

ただ、まぁ結果的に面白いと思ってもらえたならそれはそれでいいかなと思っています。

純粋に読者のため、とかそんな胡散臭いことは決して言いません。

アドバイスや人助けとはこのように決して美しい話ではないのです。

これを自覚しつつ、アドバイスや人助けをしましょう、ええ。