Ojisanが哲学する

哲学大好きなojisanが偉そうに人間や社会を語ります

短期的な承認と長期的の承認

私は、負けず嫌いで無駄にプライドや自尊心が高い人間ですが、長期的な承認やプライドを維持するためにあえて短期的な承認やプライドを犠牲にする(恥をあえてかく)ときもあります。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言いますが、まさにこれは「長期的な承認」のために「短期的な承認」を犠牲にしている例です。

徒然草でも「知ったかぶり」人間が恥ずかしい思いをしているシーンがありますが、これも「短期的な承認」のために「長期的な承認」を犠牲にしています。

知らなかったら聞いてみたり、わからないことは「わかりません」という人間ほど賢者だと思います。

学のない女親も短絡的に見栄を張るために「息子をいい小学校や中学校に入れたい」などと考えがちですが、「短期的な承認」のために「長期的な幸福や承認」を犠牲にしていないか、熟考するべきです。

偉そうですが、私から見て「ダメな人間」ほど短期的で即物的な承認を求めます。(そして、長期的で永続的な承認を大抵得られません。)

「短期的な承認」と「長期的な承認」について、でした。