Ojisanが哲学する

代官山在住のojisanが、人間や社会について偉そうに論じています。京都大学法学部在学中に大手予備校で予備校講師をしていましたから、教育に興味があります。

勉強と学問について

http://www.ito-tomohide.com/entry/2015/12/12/234610

面白いブログを発見しました。

書籍でも有名な山口真由さんを暗に揶揄した内容だと思いますが、私も非常に納得しました。

山口さんには申し訳ないですが、大学に入っても「良い成績を取ろう」などと考えている人は、根本的に勉強と学問の違いが分かっていません。

高校までの学びは「勉強」です。

基本的には問と答が明確で、そのセットを理解しながら暗記していくという学習法です。

よく大学受験で「東大や京大の問題を解くためには高い思考力と考察力が必要である」などと問題分析をする予備校講師がいますが、こういった思考力や考察力も所詮「相対的に他の一般大学よりは必要」という程度の意味しかありません。

「解法のカラクリ」がすぐに見えにくいというだけで、「ヘーゲルをどう解釈するか」、「エネルギー問題をどう解決するか」といった学問的な問題や政治的な問題のように「人類の誰もがまだ答えを発見していない問題」を解きほぐそうというのとでは根本的に使う頭や思考回路が違います。

それに対して、大学に入ってからの勉強というのは、「学問」ですから、むしろ教授の言ってることを疑う位の姿勢で臨まないといけません。

ちょっと大げさに言えば、「優」がくるような答案しか書けないというのは、逆に学問的な素養がないとも言えます。

たしかに今の学部学生位のマインドセットだと、「学問をやりに大学に来ている」という方は少ないと思いますが、やはり理念的には大学は「学問の府」です。

山口さんなんかはどうも学問と勉強の違いがよくわかっていないんだと思います。

また、これは「法学部」という特殊性もあるのかもしれません。

法学部には弁護士と官僚という「学部と直結した職業」が文系にしては珍しくありますが、この弁護士と官僚の世界というのが呆れる位に権威主義的かつペーパーテスト至上主義的なのです。

「国家一種試験に何番で受かった」、「ロースクールではなく旧司法試験に受かった」というペーパーテストのパフォーマンスを「その人の知的能力」かのように語る傾向が法学部では非常に強いのです。

私はある程度以上先からは、ペーパーテストと根本的な思考力の間には何の相関もないと思っています。

 

大学入学以降の知的レベルを決めるのは、IQでもテストの点数でもなく「知的好奇心」と「徹底的に考える力」に尽きます。

 

どれだけ探求したいテーマを持っているか。

 

これが全てでしょう。

 

しかし、法学部には、ペーパーテストのスコアと能力に完全なる正の相関があると勘違いしてる人間がアホみたいにいます。

 

ただこれは「法学」(とりわけ実定法学)という学問の特殊性もあります。

法学は社会のルール(規範)を探求する学問ですから、どうしても権威的にならざるをえません。

ですから必然的に思考が権威的かつ前ならえ主義的になってしまうのでしょうか。

ちょっと話を前に戻しますが。

要は、大学の成績に拘るというのは、根本的に勉強と学問の違いが分かっていないのです。

そしてこれは勉強と学問という違い以上に、日本の小中高の教育に問題があると私は思っています。

日本の教科書にはFACTは山ほどありますが、それに対する深い理解や意義、「自分はそれについてどう考えるか」などが全く問われていません。

特に理系と違い文系に関してはかなり壊滅的と言っていいでしょう。

なぜならば、自然科学と違い人文社会科学は究極的には「自分はこう思う」、「人間や社会はこうあるべきだ」という規範的な学問だからです。

人文社会科学は、倫理学ではなくても、すべての分野が基本的には倫理学的です。

このように考えたときに、特に文系の人は高校と大学でまるで求められる能力や勉強法が違うということに愕然とするか、そもそもそれに気づかずに高校の勉強の延長線上のようにひたすら良い成績を取り続けるのでしょう。

私が引用したブログは非常に示唆的ですから、ぜひ一読されてください。