Ojisanが哲学する

代官山在住のojisanが、人間や社会について偉そうに論じています。京都大学法学部在学中に大手予備校で予備校講師をしていましたから、教育に興味があります。

ピーターティールの大学論

かの有名なティールさんは大学教育に対して非常に懐疑的なわけですが、その根拠は非常に納得できるものです。



よく「教育力」という言葉を学校や研究機関などに使います。

しかし、ティールさんによると、こんなものはまやかしだと言うのです。

ティールさんは動画の中でこんなことを言っています。

https://youtu.be/rzdiWDw4teo

「(10:00あたりで述べている事ですが)ハーバードの教育がそんなに素晴らしいのか? そんなことはない。 そもそも遺伝や才能に優れた人材が世界中から集まってくるからハーバードの卒業生が活躍してるだけで、別にハーバードの教育が特段素晴らしいわけではない。そんなにハーバードの教育が素晴らしいなら、ハーバードは定員を10倍にしたらいい。きっと優秀な人材が10倍社会に出ることになるから。・・・って、そんなわけないでしょ? 元から才能がある人間を取ってるから結果が出てるだけなんだから。」(私の翻訳)

これは日本にも同じことが当てはまります。

灘高や開成高あたりは東京大学や医学部に多くの生徒を合格させていますが、それはただ単に中学受験や高校受験で「一番できるレイヤー」の生徒をごっそりといただいてるから。

そして優秀な人材同士が切磋琢磨してお互い高みを目指してるから結果が出てるだけ。

これが真実でしょう。

同じように、東京大学京都大学あたりの卒業生が社会で活躍してるのも、ただ単に優秀な人材がそこに集まってるからというだけです。

 

東京大学の卒業生が政治家や官僚として活躍したり、上場企業の役員に就任しているのも、京都大学の卒業生が自然科学系のノーベル賞ラスカー賞で圧倒的にぶっちぎっているのも、別に東大や京大の教育力が素晴らしいからではありません。

 

東大や京大では明治大学同志社大学では行っていないような「虎の巻」的な素晴らしい教育をしてるのかと言えば、そんなはずはないのです。

 

ただ日本で最も優秀な学生が東京大学に集まり、そこで切磋琢磨し高みを目指しているから、東京大学の学生が社会で活躍してるわけで、因果関係を混同してはいけません。

場所と学生の質がそのままで、東京大学の教授を早稲田や立教あたりの教授にしたところで、最先端の研究をするような学生以外の学生にとってはほとんど将来のキャリア等に影響はないでしょう。

実際、昔から東大法学部の学生は司法試験や官僚登用試験の勉強などは予備校でやっていましたし(最近制度が変わったのでちょっと今は当てはまらないかもしれませんが)、おそらく東大の価値の9割は入試による選抜機能とそれに付随するハイクオリティーな仲間との切磋琢磨にあり、「教育」そのものの価値などはせいぜい5%くらいでしょう。

ティールさんの言う通り、「教育力」などというのは幻想であり、実際は「すでに激しい選抜を経た能力のある人がプレステージのある組織にたまたまいる」というだけです。

比較的自分が学歴がない親は、子供に学歴だけは身につけさせたいと躍起になってしますが、これもひょっとしたら因果関係の混同が起きているかもしれません。

そもそも知能指数なり知的能力が高いから勉強ができて学歴が自然と身につくだけで、能力が低い子供に無理して学歴を身につけさせようと苦心しても、努力の方向性が間違ってると言わざるを得ません。

これは不都合な真実かもしれませんが、教育を考える上では避けては通れないお話でしょうね。