Ojisanが哲学する

代官山在住のojisanが、人間や社会について偉そうに論じています。京都大学法学部在学中に大手予備校で予備校講師をしていましたから、教育に興味があります。

なぜ年収1000万円で不幸なのか

「年収1000万円」というのは富裕層のラインとしてしばしば用いられる基準です。

 

しかし、私は、小学生位から勉強して、いい学校、いい会社、というコースを歩み、年収1000万円くらいをさまよってる人間がどうやっても幸せそうに見えません。(「見えない」だけで実際はどうだか分かりませんけど)

 

小学生位から勉強して年収1000万稼いでも、満員電車に揺られて通勤し、夜23時まで働いて、見栄を張るような誇示的な消費に没頭し、キャッシュはカツカツ、、、

 

そんなに努力して小金持ちになって何が楽しいのでしょうか。

私の意見に対して、「『小金持ち』なんて言いますが、年収800万〜1000万円なんて全然『充分』じゃないですか」という反応をする人はおそらくいらっしゃるでしょう

ここでポイントになるのが「充分」の意味合いです。

実は私は非常に両極端な考え方を持っていて、「暮らす」だけなら、地方だと年収400万円で「充分」だと思っていますし、首都圏でも年収500万円で「充分」でしょう。

ただ、私はその一方で、東京の港区や渋谷区でそれなりの生活をするには年収1500万でも「充分」ではないと思っていますし、5000万円はないと「充分」ではありません。

確かに「暮らす」だけを考えたら年収400万円で何とかなりますし、年収1000万円なんて本当に充分すぎです。

しかし、話はそう簡単ではないのです。

上の話と絡みますが、教育投資をされてそれなりに勝ってきた人間が「年収1000万円」というステータスにやっとたどり着くわけです。

そして日本の受験競争というのはなかなか麻薬的な魅力に満ち溢れています。

 

日本や韓国はアメリカやヨーロッパと違って、一点刻みの定量的なペーパーテストで競争をしていますから、勝った人間から見るとこの上なく気持ちがいいのです。

 

「完膚なきまでにやっつけてやった」優越感に浸れますからね。


そして、勉強の勝ち組で一流企業に就職して年収1000万円レベルに到達した人間というのは、基本的に虚栄心や自己顕示欲が非常に強いのです。

だいたい、高校生でセックスや恋愛をしたい時期に、誰が好き好んで『ターゲット』だの『青チャート』だのをシコシコと黙々とやるものでしょうか?

やはり異常なまでに自己顕示欲や自我が肥大してるからこそ受験競争に勝てるわけです。

本当に天才肌の人を除いて、東大京大早稲田慶応などに進学する人間は、基本的に「相対的に他人に勝つ」ことによりアイデンティティーを獲得しているある意味悲しい人間なのです。

人と比較して勝たないと自信が持てない悲しい人間です。(全員が全員じゃないですけど、少なくても体育会系の人間に比べると根本的には自信がない人間が多いと思います)

これは若干シニカルで自虐的な話ですが、研究者になりたいとか純粋に学問したい人間を除き、一流大学に進学するような人間はある意味性格が曲がっています。(私もね)


こういった人間だからこそ年収1000万円レベルの稼ぎに到達するわけですが、こういった価値観の人間が、たやすく「現状」に満足するはずもありませんし、とにかく「相対的に勝つこと」がアイデンティティーになってるわけですから、「暮らせるし、ほどほどでよくない?」とはなかなかなりません。

他人に勝つためには、精神が参るくらいに疲弊しても、高級車なりタワーマンションなり港区ブランドなりを手に入れるしかないわけです。

例えば、「何がなんでも慶応にいく」と決めて必死に努力して慶応に首尾よく合格して虚栄心と自己顕示欲を満足させてきた人間が、「ま、別に住む場所なんてそこまでこだわらないで千葉でも埼玉でもいいよね」、「一流企業かどうかよりもワーク&ライフバランスの方が重要だよね」という価値観にはなかなかなれません。

 

「他人に定量的にわかりやすく勝つ」ことが自分の存在証明でありアイデンティティーなわけですからね。

理想論を言えば、年収1000万円で「心のゆとり」を維持できればベストなんでしょうけれども、相対競争で勝つことに意味を見出してる人間が、丸の内や六本木の価値観の旨味を知った上で年収1000万円で満足できるはずがないのです。

「学生時代の友達の鈴木が六本木のタワーマンションに住んでるなら、俺もさらに上をいってやろう」
「佐藤があの車に乗ってるなら俺は当然メルセデスだろう」
「山本が三井物産で部長なら、当然俺は・・」

このような思考になります。

そしてこのような欲望を満足させるためには年収5000万はラクに必要でしょう。

このような思考の根源にあるのが、偏差値思考です。

 

「学生時代の友達の鈴木が六本木のタワーマンションに住んでるなら、俺もさらに上をいってやろう」

「佐藤があの車に乗ってるなら俺は当然メルセデスだろう」

という思考の根底にあるのは
「鈴木が早稲田を狙うなら、俺は東大だ」
「佐藤が現役で阪大に行ったんだから、俺は絶対に京大に行こう」
という一元的な偏差値思考です。

他人が決めたわかりやすい物差しで、相対的に勝つことが人生の目的になってしまうわけです。

長々と論じてきましたが、私が何が言いたいのかと言うと、
小さい時から教育投資をされて、「他人に相対評価で勝つことに存在意義がある」という価値観に浸っている限り、そこそこの企業に就職しても「相対評価の罠」から逃れることはできないですし、年収1000万円で「足るを知る」ようなマインドセットにはなりませんよ
ということです。

「年収1000万円∧そこまで欲張らないマインド」であれば一番幸せなんですが、原理的にそれは不可能なのです。

そして、だからこそ「年収1000万円で見栄をはり、相対評価で敗北感を感じて不幸になっていく人間」が東京では後を絶ちません。

悲しい哉、この問題を根本的に解決する方法はありません、はい。

ただ、解決策もないまま現状分析を徹底的にしたまでです。笑笑